【就活】応募者もア然!? 実録・トンデモ人事たち

写真拡大

前回、記事『人事もア然! 実録・トンデモ就活生』[ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13262 ] でトンデモ就活生の一部をご紹介しましたが、今回は企業側、思わず「こんな人事いるの?」といいたくなってしまう"トンデモ人事"なお歴々をご紹介いたします。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

■1.経歴詐称する面接官

海外輸入商社のA社では、商売柄、一部の職種を除いて、英語がビジネスレベルにできることが入社の必須条件になっていました。海外営業本部長待遇でつい3ヶ月前にA社に入社したBさんは、豪快な人柄で部下からも頼れる上司と信頼され、試用期間の3ヶ月で部門をまとめ上げることに成功し、社長も将来を期待する人物との評価でした。A社は年間30名ほどの新卒を採用するのですが、ぜひBさんを面接を担当してもらおうとして、Bさんも快諾。そして二次面接で2対2の面接が始まりました。Bさんはこれが悲劇の始まりだとも知らずに…。


Bさんの部下が一通り質問をして、初めて面接の場に立ち会うBさんはにっこり笑っているだけ。しかし、そんな笑顔が5秒後に消えました。

「それでは、今から英語で質問いたしますので、英語で答えていただけますか? それでは本部長、質問よろしくお願いします」と部下。

「私が質問…す…る、のかい?」とBさん
「はい。よろしくお願いします」と部下。
30秒ほど沈黙がつづき、Bさんの口から出てきた英語は…。
「What’s your name?」
「いえいえ本部長。もっと難しい質問でお願いします」
「pardon?」

Bさんと部下のわけのわからないやりとりは続き、いいかげん気づいた部下は、自分で質問することにしました。面接されている就活生もキョトンとしながら、普通に英語で回答していき、面接はなんとか終了しました。

そうです。Bさんは英語がまったくできない人物だったのです…。

履歴書には英語に関するテストスコアはほぼ満点で記入されており、海外赴任経験も豊富と書かれていましたが、海外に短期間視察に行っただけで実際に英語での交渉した経験もありませんでした。3ヶ月間ばれなかったのは、秘書が英語応対をしていて、Bさんが英語を話さざるを得ない機会が「たまたま無かっただけだったのです」。本部長採用だったので、社長面接で決定したのも、たまたま、英語力を試す機会もありませんでした。当然話せるものと社長も思い込んでいたのです。

社長の前に立たされるBさん。社長も困り顔。
「本来なら辞めてもらうところなんだが・・。あの海外部門をまとめ上げたしなあ」

Bさんが来る前は、海外営業本部はリーダー不在で、指示系統が混乱することがありました。それをまとめ上げたのはたしかにBさんの手腕でした。英語ができない以外はBさんは優秀なのです。

そしてBさんに下った懲戒処分は、「経歴詐称について、本部長から担当部長に降格、英会話学校に自費でビジネス英語をマスターするまで通い続けること。ビジネス英語をマスターしたと会社が認めたら、本部長に再び復帰させるものとする」

ある意味、Bさんにとって、英会話学校の方がずっと重い懲戒かもしれません。

■2.説教をする人事編

入社5年目のCさんは、同期の出世頭。営業成績は上司の課長を抜く勢いで、自分に対して非常に厳しく後輩に優しい、いわゆる「頼れる先輩」でした。当然同期で一番早く主任に昇格し、新卒採用の面接官を任される事になりました。D社では人事が面接を実施するのではなく、将来が期待される若手社員に面接を任すことにしており、いわいる出世の登竜門が面接担当になることだったのです。

当然選ばれたCさんは意気揚々と人生初の面接に挑みました。営業で鍛えた話術で、学生にも好印象をもたれるCさん。しかしあるグループ面接で、Cさんの熱血ぶりが裏目に出たのです。ある学生の気力のない回答に、Cさんが面接であると言うことをすっかり忘れ、キレてしまったのです。

「そんな考えじゃ社会に通用しない!なんだその志望動機は、やる気あるのか。会社の事をもっと勉強してこい!」
Cさんの説教は30分近く続き、その学生から「もういいです」と半分泣きながら退席して、Cさんはグループ面接にもかかわらず、そこで面接を打ち切ってしまいました。

Cさんの声は廊下まで響いていたので、他の同僚からもやり過ぎではという声が上がりましたが、「部下なら殴っていたくらいだ」とのCさんのセリフに黙るしかありませんでした。
しかし黙っていなかったのが、インターネットの就職SNSでした。

「D社は超体育会系のブラック企業」
「面接官の気が狂っているとしか思えない」
「面接で殺気を感じたのは初めてだった」
「D社第一志望だったのに、考え直さねば」
「グループ面接だろ。他の人は面接打ち切りってあり得ないだろ」

Cさんの声があまりにも大きく、同じ場にいた他の学生だけでなく、壁越しに待機していた学生にも丸聞こえで、D社の事を書き込む掲示板が炎上したのです。

ひときわ会社の良いイメージ作りに努めてきた人事担当は面接にタッチしないといえど、この炎上ぶりに激怒。人事部長がCさんの属する営業部長とCさんに猛抗議。社長にも事態が知れ、Cさんは社長に直接呼ばれることに。

「C!おまえは自分の立場をなんだと思っているんだ。会社が小さい頃は俺自身が大学をまわって、会社への信頼を少しずつ得てきたのに、今回で台無しだ。面接官は神様か!」
と、今度はCさんが1時間社長から説教を受ける羽目に。

その後D社では、会社の採用ページに、異例の社長自ら「不適切な面接のお詫び」というタイトルで謝罪文を掲載しました。そして、Cさんの説教を受けた学生と、面接を打ち切られた学生に社長自ら電話をし、丁寧に謝罪。まさか社長自ら電話がかかってくるとは思わなかった学生は、再度面接を受けることを承諾し、一応の解決を見て、元の平和な会社に戻ったD社。
ただ一点、Cさんのあだ名が「切れる男から、キレる男」に変化したこと以外は。

■3.緊張する人事編

面接官も人の子です。学生が面接で緊張すると同じく、面接官も場数を踏まないと、どう進めて良いのか緊張するものです。F社の人事Eさんは人事3年目にして、初の面接官デビューの日を迎えました。

「面接を担当するEと申します。よろしくお願いします」
グループ面接の学生からは、普通に「よろしくお願いいたします」との返答。

しかし、Eさんの頭から次の言葉が出てきません。Eさんは極度の緊張症だったのです。
「………」無言の面接官に頭をかしげる学生。

やっとでてきた、第一声は、
「なにか質問は…ありますか?」

会社説明会ならいざ知らず、面接でいきなり、質問はあるかと聞かれて、学生が戸惑わないわけがありません。F社の面接はグループ面接でも面接官を交えてグループ対話を行う形式だったので、自己PRをどうぞなどの質問で逃げることはできません。Eさんはとうとう緊張の糸が切れてしまいました。少々お待ちくださいといってトイレに駆け込み、顔を洗い、水を大量に飲んで、なんとか緊張をほぐすEさん。会場に戻られねば、ととぼとぼと面接会場に戻りました。

びっくりしたのは学生3人。いきなりいなくなってしまって、やっともどってきた面接官の顔面がずぶ濡れ(顔を拭くのすら忘れていた)で、顔色は真っ青。学生の一人が「ご体調がお悪いのですか」と聞かれ、「すみません、少し中座します」とまた出て行ってしまうEさん。もう耐えきれなくなり、上司に体調が…と言い訳して、面接を変わってもらいました。

なんとかデビュー戦を不戦敗で切り抜けたEさんですが、これからも面接は続きます。今後はどうするのでしょうか。

■4.15年前、涙、涙の人事編

今は別の事業ですが、当時写真印刷の事業を行っていたG社の面接官を務めていた人事のHさん。その日も面接に臨みます。人事として10年目、もう面接はなれたもので、明るく快活なHさんの姿を見て、G社に決めたという人も少なくない魅力を持った人物でした。

いつもの通り、部下のIさんと面接に臨むHさん、面接官2・学生1の面接でした。

Iさんが、質問をし、Hさんは内容を確認する役割。そして運命の質問がされました。

「ご両親はどんなお仕事をされていらっしゃるのですか」
(※これは15年前のお話です。当時の面接は今ではタブーとされている親の事とかが普通に質問・回答されていた時代でした。)

面接を受けに来たJさんは、少し口ごもった後に、こう言いました。
「質問…ですね。答えなければなりませんよね」
「そうですね」とIさん。

「両親はいません。二人とも亡くなりました。火事で…。まだ子供の頃だったので、顔も覚えていません」
「そうですか、失礼な質問をしてしまいました。申し訳ないです」とIさん。
「いえ、大丈夫です。お気遣いありがとうございます。叔父に引き取られたので、叔父夫婦が育ての親…ですね、とてもよくしてもらって感謝しています」
「そうですか。大変でしたね」

「しかし、悔やまれるのが火事で焼けてしまったのか、両親の写真が一枚も見つからないことなんです。だから顔もわからないんです。だからというのは失礼なのですが、御社は写真の印刷をされているので、私みたいに写真がなくなってしまって困っていたり、悲しんでいる人を助ける何かができるのではないかと、なにか考えがあるわけではないのですが…志望しました」

Iさんは次の質問に困ってしまいました。何を質問すればいいのか。戸惑っているとき、それまで黙っていたHさんが、口を開きました。

「Jさん。残念ながら現在、当社ではそのような事業は行っていません。まったく手をつけていないし、今思いつくこともない。しかし、Jさんの話をお伺いして、まったく形もアイデアもないですが、挑戦する価値はあると思います。でもできないかもしれない。それでも当社に入社したいですか?」
「可能性が0で無い以上は、やってみたいです。同じ業界も受けていますが、初めてです。やろうかと言っていただいたのは御社が…初めてです」

ふとIさんがJさんを見ると、Jさんが涙目になっていました。そして隣を見ると、あの快活なHさんが泣いている。実はIさんも泣くのを必死にこらえていたのです。Iさんもつい先日父親を亡くしたばかりで、父の記憶がよみがえっていたのです。

Hさんは涙を拭こうともせず、こう言いました。
「まだ採用するかどうかはお知らせできません。でもJさんのやりたい事は社長にきちんと話しましょう。それは約束します。」
「ありがとうございます。よろしくお願いいたします」
こうして異例中の異例、全員涙の面接は終わりました。

すべての面接が終わった後、社長面接に進める候補者を決める会議の席上で、Hさんは訴えました。
「Jさんはたしかに学歴もよくない、決して頭脳優秀とはいえないかも知れない。しかし、似たような答えでお茶を濁す学生の多い中で、彼はやりたいことがはっきりみえていた。私は彼を最終面接に進めたいと思う」
「Hさん、感情論感情論。だめだよ感情に流されて選考しては」とある課長。
「では問うが、この会社に入って、仕事をするとき、あなたは感情がなく仕事しているのか? やる気とか、負けん気とかがあって、仕事が楽しくなるんじゃないのか?」
「まあ確かに…そうだがね。わかりましたよ。社長面接で判断してもらいましょ」
こうしてJさんは社長面接に進み、晴れて新入社員として迎えられることになりました。

そして、15年たち、いまではG社も写真印刷事業から事業転換し、サーバーのホスティングサービスと、顧客先の最重要データの完璧なバックアップ保存に業容が変化しています。そしてその事業責任者は人事から転身したHさん、技術責任者は入社15年目のJさん。すこし面接時の希望とは違った形ですが、記録を絶対に消さないバックアップ技術の技術開発に、理系出身でもないJさんですが、今日も張り切って取り組んでいます。

こちらのレポートもどうぞ!
【就活】人事もア然! 実録・トンデモ就活生 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13262 ]
【就職】現役人事が語る! 「げっ、ブラック企業だ。撤退だ!!」…と面接で見抜くポイント [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14151 ]
【就活】SNSで不採用に!? 現役人事が明かす、面接者の"書き込み"が選考を左右した実例 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12689 ]
【リストラ】自分もいつのまにかハメられている!? 恐怖の手法を現役人事が明かす [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13672 ]
【就活】現役人事が語る! 「こんな選考活動をする企業は要注意」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13322 ]