『華麗なるギャツビー』バズ・ラーマン監督来日決定!

写真拡大

F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』を映画化した『華麗なるギャツビー』が来週6月14日(金)、日本で公開されるが、本作の監督を務めたバズ・ラーマンが日本公開にあわせて4年ぶりに来日することが決定した。

『華麗なるギャツビー』のフォトギャラリーもお楽しみください!

過去4回映像化された本作は、1974年にロバート・レッドフォード、ミア・ファロー主演で映画化されており、そのスタイリッシュな世界感が大きな話題を呼んだ。今回はレオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイアらを迎えての新作となる。

「フィッツジェラルドのビジョンと時代を忠実に映画化したい」と考えたラーマンは、過去の映像でなく小説からきちんと作り上げたいと考える一方、本作を3D撮影するという新たな試みにも挑戦。かつて『ロミオ+ジュリエット』でタッグを組んだレオナルドも、そんなラーマンのことを「バズこそギャツビーさ。常に大いなる夢を抱いている男だ。シェイクスピアの次は文豪フィッツジェラルド! いい作品を創り上げようとするバズの執念は驚嘆に値する」と称賛している。

ラーマンは、スケジュールの都合で来日できないキャストに代わって、ギャツビーを演じたレオナルドとニックを演じたトビーが劇中で着用した衣装と共に来日するとのこと。その衣装は、6月12日(水)から18日(火)の間、伊勢丹新宿店本館3階のセンター・パーク/ザ・ステージ#3にて開催される『華麗なるギャツビー』世界展に展示される。

来日したラーマンの口から語られる『華麗なるギャツビー』の裏側にぜひ注目したい。

『華麗なるギャツビー』はワーナー・ブラザース映画配給より6月14日(金)から丸の内ピカデリー他、全国ロードショー 2D/3D同時公開される。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
気さくな人柄に"フリンジ中毒者"続出!! 『FRINGE』ファイナル・シーズンプレミア試写会にアナ・トーブ初来日
ウィル・フェレル主演のミニシリーズ『The Spoils of Babylon』に豪華出演者が続々決定!
【動画】J・J・が、そしてウォルターが...『FRINGE』ファイナル・シーズンの思いを語る!