ダイオウグソクムシ9号たん「思い出をありがとう」ニコ生で6/13に追悼番組

写真拡大

三重県・鳥羽水族館で今年2月から展示されていたダイオウグソクムシ「9号たん」こと「NO.9」が6月3日までに死亡したことを受けて、動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて追悼番組が放送されることが決定した。

番組では、3月29日、4月30日に鳥羽水族館からダイオウグソクムシを生中継した計108時間の映像から、5年間の絶食状態が続いている「NO.1」や「NO.5」と戯れる「9号たん」の輝かしい活躍を再編集して放送する。

はじめてニコニコでダイオウグソクムシを中継した「48H生 ダイオウグソクムシたん48時間生中継@鳥羽水族館」(3月29日放送)では、ニコニコ運営も想定外だったという来場者数750,078、コメント数1,324,090を記録。その後「もう一度見たい」という多くのコメントにより実現した「ダイオウグソクムシたん60時間生中継@鳥羽水族館」(4月30日放送)も来場者数869,487、コメント数1,286,324を記録し、多くの注目を集めていた。

また、今回の悲報を受け「niconico」上のグソクムシ関連動画や生放送にも「9号たん、ありがとう」「さようなら9号たん」といった多くの追悼コメントが寄せられているという。