「ファインド・アウト」の一場面(c) 2012 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLCAll Rights Reserved.

写真拡大

アマンダ・セイフライドが主演するスリラー「ファインド・アウト」(エイトール・ダリア監督)のテレビスポットが、このほど公開された。セイフライド演じる主人公が恐怖の出来事に見舞われ絶体絶命の状況に陥ったさまを、たたみかけるように映し出す衝撃的な映像だ。

ガムテープで口をふさがれ、何者かによって拉致されたジル(セイフライド)が、深い穴の底で意識を取り戻し、取り乱しながら助けを求めるという内容。顔をくしゃくしゃにしながら「ヘルプ!」と叫ぶセイフライドの表情が痛ましい。

本作は、アメリカで多発している、人が消えるという不条理な現象“ミッシング・パーソン”を題材にしており、テレビスポットで映し出されるションキングな内容は、本編の布石にすぎない。拉致されたことを警察に訴えたジルだが、証拠が見つからないため妄想からくる虚言症と断定されてしまう。ある日突然、妹モリーも失踪し、ジルは同一犯の仕業だと確信し主張する。しかし、過去の一件があったために警察の協力は得られず、ひとりで捜索に向かう。ジルが見つけ出すのは事件の犯人なのか、自分自身の狂気なのか、ノンストップのスリルであぶり出す。

「ファインド・アウト」は、6月15日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「ファインド・アウト」日本版予告編
「ファインド・アウト」予告編でアマンダ・セイフライドが涙の訴え
アマンダ・セイフライド主演のスリラー「ファインド・アウト」が公開決定
米ピープル誌の「最も美しい女性」にグウィネス・パルトロウ
「テッド」セス・マクファーレン監督の新作に、アマンダ・セイフライドが出演