佐賀県で「鹿島ガタリンピック」開催! 泥まみれで相撲をとる女子競技など

写真拡大

佐賀県鹿島市で、有明海の干潟を利用した運動会「鹿島ガタリンピック」が開催される。開催日時は6月9日(日)10時から、会場は鹿島市七浦海浜スポーツ公園(道の駅鹿島内)。

同イベントは、参加者や子供たちが干潟と触れあうことで、干潟への感心や愛着を高めてもらうため行われる。

競技種目は、干潟の上に設置した道板を自転車で渡りきる「ガタチャリ」、25mを「潟スキー」に乗って進むタイムレース「人間むつごろう」、発泡の上を土俵に見立て、押し出し相撲を行う女子限定の競技「HAKKEYOI」など。いずれも泥まみれ確実となる競技が多数開催される。

また、「ガタリンピックスペシャルツアー」も実施。ツアーには嬉野温泉や鹿島市内に宿泊する各種プランなどが用意されているほか、ロープを使い、ターザンのように干潟にダイブして飛距離を競う「ガターザン」の予選会に参加ができる。