効果音は人間の声で再現、関東大震災を描いた理由 - 鈴木Pと瀧本美織が語るジブリ最新作『風立ちぬ』秘話

写真拡大

7月20日より公開となるスタジオジブリ最新作『風立ちぬ』の中間発表会が6日、都内スタジオで開催され、鈴木敏夫プロデューサーと、本作でヒロインの里見菜穂子の声を演じる女優の瀧本美織が登壇した。

鈴木プロデューサーはまず、『風立ちぬ』の製作進行状況について、「現在は絵の作業が終わっており、音の作業をしているところ」と報告。特に本作は戦闘機などの音を人間の声で作ったり、音声をあえてモノラルで録音したりと、音にこだわった作品になっていると説明した。

人間の声で効果音を作るという試みは、宮崎監督の発案だ。アニメは実写と違い、劇中の音を後から作る必要がある。それ故にだんだんと神経質になってしまい、本物の音を再現する方向にエスカレートしてしまうのだ。

鈴木プロデューサー:「本物の音を再現することにどれだけの意味があるのか。大事なのはそれらしく聞こえること。そうしたら宮さん(宮崎監督)が声で効果音をやろうって言うから、賛成したんです。ところが、次に宮さんが言ったのは『俺と鈴木さんの2人だけでやろう』と(笑)。僕も口で音を作るというのは嫌いじゃないんだけど、音の専門家に話したら、まず我々がやりますからというので結局お任せしたんですよ」

アイディアが出たら外注するよりも先に自分たちでやってしまう。そうしたスタジオジブリの仕事の進め方について、鈴木プロデューサーは”家内制手工業”に例えている。

鈴木プロデューサー:「重役会のシーンのアフレコで、宮さんが気に入らないから録り直そうと言い出したんですよ。『鈴木さん、一緒に行こう』と言われて、2人でマイクの前に立って(アフレコを)やってみたのですが、音の責任者から却下されてすごすごと引き下がったということがありましたね(笑)」

そうやって宮崎監督ならではのこだわりをもって製作された『風立ちぬ』だが、当然”音”といえば声優によるアフレコも重要なポイントだ。スタジオジブリは専門の声優ではなく、俳優を声優として起用することで知られているが、今回はなんと主役の声を『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られる庵野秀明監督が演じる。先日発表されたこのサプライズなニュースはネット上で大いに話題を呼んだ。

ヒロインの里見菜穂子役に抜てきされた瀧本美織は、庵野氏とのアフレコについて次のように振り返った。

瀧本:「監督が2人いらっしゃったので、どっちの言うことを聞いたらいいんだろうって。だって2人とも指示を出すんですよ(笑)」

スタジオジブリのアフレコは、地下のスタジオで行われる。その際、宮崎監督は一つの上の階のコントロールルームから指示を出すのだが、今回は宮崎監督がOKを出すより早く庵野氏が先にOKを出してしまうという珍場面もあったのだとか。そんなことが何度もあったからか、宮崎監督は途中から庵野氏のことを”下の監督”と呼ぶようになったという。

また、今回はジブリ作品としては珍しい主人公の二郎と菜穂子のキスシーンがあり、庵野氏と一緒にアフレコに臨んだという瀧本美織は、「台本もらったときにキスシーンがあることにびっくりして、緊張するかなと思ったんですけど、すんなりキスしちゃいましたね(笑)」と笑顔を見せていた。

そんな瀧本美織がヒロインに選ばれたきっかけは何だったのだろうか。実は、オーディションの際、瀧本美織の声質は宮崎監督がイメージする菜穂子のものとは違っていたのだという。鈴木プロデューサーに言わせると、そもそも宮崎監督という人物は「ヒロインの声にこだわる人で、この世には存在しないような声質の人を求めている」のだ。

しかし、高畑勲監督が瀧本美織を熱烈に推したことと、何よりも彼女の演技力がすばらしかったことが起用の決定打となった。さらに、アフレコでは驚くべきことが起こった。なんと、瀧本美織の声質が菜穂子にぴたりと合ったものに変わったのだ。これには宮崎監督も大いに喜んだという。