阪急電鉄、新型車両1000系・1300系を今秋から導入

写真拡大

阪急電鉄は新型通勤車両として、神戸・宝塚線に「1000系」、京都線には「1300系」を新造し、今秋以降から運用を開始すると発表した。

【関連:東武鉄道、野田線新型車両60000系デビューイベント6月9日七光台支所で開催】

外観

新型車両では、「静かさ」と「省エネルギー性能」の向上を目指し、「静かさ」については走行装置に低騒音型機器を採用することにより、車内外の騒音低減が図られる。
一方、「省エネルギー性能」については、高効率な車両機器が採用されるほか、全ての照明機器がLED化され、既存車両と比べ約50%の消費エネルギー削減を達成している。

安全面では車体正面の強度を向上、座席端の仕切り板の大型化と併せて握り棒を設備し、万一の急ブレーキの際も乗客の安全が確保できるよう配慮されている。さらには、車いすスペースの拡大や車内案内ディスプレイの大型化による視認性の向上など、バリアフリー設備も充実される。