ここまで来たか萌えの波!電気シェーバー大手の泉精器「痛シェーバー」発売

写真拡大

長野県松本市に本社を置く、電気シェーバー(電気ひげ剃り機)メーカーの株式会社泉精器製作所が、累計出荷台数135万台を誇る同社の主力商品VIDANシリーズの広報に、電気シェーバーの“萌え擬人化”キャラクター『松本イズミ』を起用した。

【関連:松本イズミ全身イラスト(大)】

いずみ黒ver松本イズミイラスト


キャラクターデザインは色詩(しきうた)氏が担当。名前は松本市の松本と泉精器の泉からとったという、ご当地愛と会社愛にあふれたキャラクターになっている。
身長は156cmと若干小柄。そして気になる3サイズは『泉精器最上級機密』として扱われており非公開とのこと。

念の為同社広報に確認したところ「開発担当者以外その情報に触れることは許されず、泉精器の社長ですら閲覧できないほどの重要機密」と公開をきっぱり断られた。

なお、このシェーバー萌え擬人化の『松本イズミ』を起用した「萌えパッケージシェーバーMOFR-V50」が6月1日から秋葉原で数量限定で発売される。萌えキャラクターを全面におしたシェーバー商品は業界初。

シェーバー本体の中央部分には『松本イズミ』のイラストがプリントされており、付属のポーチにも勿論『松本イズミ』のイラストがプリントされている。ぱっと見「痛シェーバー」的雰囲気も醸し出している一品。

MOFR-V50ポーチ

ただし、本体部分はVIDANシリーズの性能がそのままで、ヘッド部分の稼働により剃り性能は従来機より23%も優れ、1枚刃から3枚刃までのラインナップで、シェーバーを初めて使用する人から、本格的な深剃りを求める人まで幅広い層の使用感に応えられるようになっている。
また、防水基準をクリアしているため風呂場での使用や水洗いも可能。そして刃の寿命は従来機では1年に対し、その2倍にまで耐久性を強化。そのためコストパフォーマンスにも優れている。

今回の痛シェーバーもとい萌えシェーバー「MOFR-V50」の発売を記念して、6月15日、16日に秋葉原のヨドバシカメラで、情報誌「モノ・マガジン」とのタイアップ企画が開催される。
当日はブースが出展されるため、実際に実機を手にとってみてほしい。そして、店頭の大型ビジョンではイベント告知と、JR秋葉原駅中央改札のADビジョンでは『松本イズミ』も出演してのプロモーション映像が放送される。

萌え擬人化業界に新たな旋風を巻き起こせるのか?『松本イズミ』の今後の展開に注目したい。  

『松本イズミ』公式ホームページ:http://www.izumi-products.co.jp/products/izumi/
『松本イズミ』twitter:https://twitter.com/matumoto_izumi
『松本イズミ』Youtubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/Izumimovieproducts