「インテリア ライフスタイル アワード2013」受賞者決定

写真拡大

メサゴ・メッセフランクフルト(株)では、現在開催中の「インテリア ライフスタイル2013」の出展者の中から、優れた企業・製品を表彰する「インテリア ライフスタイル アワード2013」の各賞を発表、会期2日目の6月6日(木)に行われたレセプションにて表彰式を行った。

「インテリア ライフスタイル アワード」は、「Space Design Award」「Design Business Award」「Media Award」「Best Buy Award」「Young Designer Award」の5つの部門によって構成されるもので、インテリア・デザイン関連団体やメディア、メッセフランクフルト本社が、それぞれのコンセプトを基に審査し受賞者を決めるもの。特に「Talents」の出展者から選ばれる「Young Designer Award」は、受賞者に次回の「アンビエンテ」への出展権が与えられるなど、若手デザイナーの可能性を切り開くアワードとしてもっとも注目が集まる。
その「Young Designer Award」には、今年は神戸意匠操練所とスタジオスルメの2組が輝いた。審査に当たったニコレット・ナウマン氏は、双方ともコンセプトやクオリティーが優れており、甲乙がつけられなかったため、と異例のダブル受賞となった理由を語った。神戸意匠操練所は、子供たちの視点から楽しく日常生活が送れるようなアイテムを提案、スタジオスルメは繊細で高いクオリティーの日本デザインを表現した。
また「Space Design Award」は縞縞(シマシマ)、「Design Business Award」は大日本市、「Media Award」は1616arita japan、「Best Buy Award」は(株)東屋がそれぞれ受賞した。