続編企画が進行中の「ブレードランナー」写真:Album/アフロ

写真拡大

約2年前に構想が発表された、1982年のSF映画「ブレードランナー」の続編企画の脚本家として、「グリーン・ランタン」のマイケル・グリーンが交渉中だと米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

すでにオリジナル版の脚本家ハンプトン・ファンチャーが続編の第1稿を執筆しており、グリーンはそのリライトを担当する予定。続編の詳細は明らかになっていないが、前作から数年後のストーリーが描かれる見込みだ。なおグリーンは、米20世紀フォックスのリブート版「ファンタスティック・フォー」の脚本も手がけることになっている。

米アルコン・エンターテインメントが製作する「ブレードランナー」続編は、オリジナル版のリドリー・スコット監督がメガホンをとる。

■関連記事
マシュー・ボーン、リブート版「ファンタスティック・フォー」をプロデュース
P・K・ディック、エルロイほか原作者が気に入っている自作の映画化10本
リドリー・スコット監督「ブレードランナー」デッカードはレプリカントと明言
リドリー・スコット制作、ドラマ版「高い城の男」の脚本家が決定
新「スター・ウォーズ」衣装デザインに「ブレードランナー」マイケル・カプラン