5日に急逝した塩屋俊監督
俳優で映画監督の塩屋俊さんが6月5日、急性大動脈解離のため宮城・仙台市内の病院で死去した。56歳だった。

塩屋さんは、東日本大震災後の福島・相馬が舞台となる演劇「HIKOBAE2013」の公演で仙台に滞在中だった。舞台稽古中に体調を崩し病院に搬送されたが、息を引き取ったという。

大分出身の塩屋さんは、1956年生まれ。80年にテレビドラマ「離婚ともだち」でデビューし、NHK連続テレビ小説「おしん」にも出演。90年のオーストラリア映画「アンボンで何が裁かれたか」で銀幕デビューし、日本軍中尉役を熱演した。この演技が高く評価され、「ミスター・ベースボール」(92)で高倉健とともにハリウッド映画に出演するなど、堪能な英語を生かした実績も多かった。

近年は監督としても活躍。「ビートキッズ」「0(ゼロ)からの風」「きみに届く声」「ふたたび swing me again」など精力的にメガホンをとり、昨年は陣内孝則と田中麗奈が共演した「種まく旅人 みのりの茶」を発表し、舞台挨拶などで元気な姿を見せていた。

■関連記事
陣内孝則、毒舌まじりに柄本佑&安藤サクラの結婚を祝福!
陣内孝則×田中麗奈「種まく旅人」オフィシャル電子コミック公開
田中麗奈、鹿野農林水産大臣と日本茶栽培の将来を語り合う
陣内孝則、16年ぶり映画主演に感慨「頑張ってきて良かった」
「種まく旅人 みのりの茶」作品情報