映画『アベンジャーズ』のスピンオフドラマ『S.H.I.E.L.D.』、映画とは異なる世界観が描かれる!?

写真拡大

マーベル・コミックのヒーローたちが集合した大人気映画『アベンジャーズ』のスピンオフとして注目を集める『Agents of S.H.I.E.L.D.』。映画を監督したジョス・ウェドンが本作でもメガホンを取っているが、映画とは異なる世界が描かれるようだ。

マーベル・コミックといえば世界中でファンを獲得しており、コミックに登場するヒーローを描いた映画も数多く製作されてきた。しかし、ウェドンは今回の新シリーズを一味違った作品にしたいと考えている模様で、米EW.comに対して「ドラマをマーベル・コミック原作の映画に共通する世界観から切り離すことが大切だ」とコメント。続けて「映画を見たことがない人にも楽しんでもらえると思う」と、新シリーズがオリジナリティあふれる作品になることを明かした。さらにウェドンは、視聴者にはフィル・コールソン捜査官(クラーク・グレッグ)が率いるドラマの中のキャラクターに期待してほしいと、自信をのぞかせている。

マーベル・コミックのファンならずとも楽しめる作品になりそうな本作は、今年の秋、アメリカで放送開始となる予定。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
【ややネタばれ】映画『アベンジャーズ』のスピンオフ・ドラマで、コールソン捜査官はどうやって登場する? 演じるクラーク・グレッグがコメント
TV版『アヴェンジャーズ』スピンオフに、映画にも出てきた"アノ人物"が登場!
マーベル作品で大忙しのジョス・ウェドン、『スター・ウォーズ』新作を監督したかったという思いも?