いい香りがする男性は受付嬢からの評価29.8%UP、人事からの評価19.8%UP

写真拡大

ユニリーバ・ジャパン「AXE脳科学研究所」は、企業の受付嬢、人事担当者、アパレル店員、各100人を対象に、香りが「男性の評価」に与える影響について、4月13日から14日にかけてインターネット調査を行った。AXE脳科学研究所は同社が展開する男性用化粧品ブランド「AXE(アックス)」が主体となり発足した、香りが人に与える影響を脳科学的な視点から調査・研究するプロジェクトチーム。

同調査によると、受付嬢100人のうち71%が、来社する男性の第一印象で”仕事ができる男性か”が「分かる」「なんとなく分かる」と回答したとのこと。その上で「香りは、男性の印象を決めるにあたって、影響があると思いますか」という質問には71%が「影響があると思う」と回答した。

また、「初対面の男性から、いい香りがすると第一印象は何%くらい良くなりますか」という質問では、平均で29.8%アップの結果に。これによって、同社は受付嬢は初対面の相手と多く接する職業のため、第一印象で3割増し印象が良くなるという結果は、初対面で香りが好印象をもたらすということを裏付けていると分析する。

人事担当者100人に対して「初対面の男子学生から、さりげない、いい香りがすると第一印象は良くなりますか」という質問を行ったところ、回答者の41%が「良くなる」と回答した。ちなみに何%印象が良くなるかという質問に対しては、平均値19.5%良くなるという結果となり、いい香りに印象2割増しの効果が期待できる結果となった。

また「あなたは見た目がいいと思った男性が、香り・においがひどくて評価が下がったことはありますか」という質問に対しては、人事担当者の54%が評価を下げた経験があると回答。

脳科学者の澤口俊之博士(武蔵野学院大学・大学院教授、人間性脳科学研究所所長)は「面接の時の印象アップ効果はもちろん、上司と部下の円滑なコミュニケーションのためにも、香りが役立つでしょう。たとえば、ウッディな森林系の香りは相手に安心感を与えることができ、後輩や部下に”この人となら安心して仕事ができる”という印象を持たせることができます」と語った。

「男性にとってさりげない香りは、おしゃれに見せることにプラスに働くと思いますか」とアパレル店員100人に対して質問を行った結果では、87%もの店員が「そう思う」と回答している。ちなみに3分野の回答者全員に「見た目がいいと思った男性が、香り・ニオイがひどくて評価が下がったことはありますか」とアンケートを行ったところ、63%が下がった経験があると回答を寄せた。

その他の調査などについては公式サイトを参照のこと。

AXE脳科学研究所