東京都・原宿の「b6」跡地に新商業ビル -東急不動産が計画発表

写真拡大

東急不動産はこのほど、(仮称)神宮前6丁目プロジェクトの核テナントを決定し、昨年閉鎖した商業施設「b6」の解体工事に着手した。

同計画地は、東横線と副都心線の直通化に伴い、広域からの集客が期待される東京メトロ「明治神宮前」駅より徒歩1分に位置する。また、「明治通り」沿いでは、道路の拡幅及び並木の整備が進められており、今後更なる回遊性の向上が期待されるエリアだという。

同社は、今年1月に同計画地の商業施設「b6」を取得。6月より、既存建物の解体工事に着手し、テナント募集を本格的にスタート。「エリアの新たなランドマーク」となる商業ビル計画を進めている。

このほど決定した核テナントは、ウェディング・ホテル・レストラン等を全国に6店舗展開するブライダル企業、T&Gグループのブライズワード。テラス等の環境を活かし、原宿・表参道エリアに相応しい緑豊かなウェディングとレストランのスタイルを提案し、首都圏初出店のフラッグシップ施設を目指すとしている。

同計画地の所在地は、東京都渋谷区神宮前6-28-6。開業は2015年春を予定している。