「∞プチプチ」の開発者と慶大生が開発。「頭脳陣取りゲーム JINTOL」発売

写真拡大

バンダイは7月20日、「頭脳陣取りゲーム JINTOL」を全国の玩具店、百貨店・量販店の玩具売り場、雑貨店、通販サイトなどで発売する。全2種類で価格は1,680円。

同商品は、2007年に発売し、累計335万個を販売した玩具「∞プチプチ」の担当開発者と慶應義塾大学生が、共同で開発した対戦型ボードゲーム。対戦人数は2人。プレイヤーは2色に色分けされたパネルを、盤上のマスに交互に置き、多くのマスを自分の色で埋めたプレーヤーが勝ちとなる。簡単なルールで誰でも対戦できる一方、パネルの配置などで頭脳戦も求められるゲームになっているとのこと。

同商品は、現役の慶應義塾大学生である杉本和希氏と中里龍氏が対戦ルールを考案。バンダイの開発担当者である高橋晋平氏が戦略要素の追加やルールの変更などを提案し、開発された。パネルが黒と白の「ClassicColor」と、赤と青の「VividColor」の2種が発売される。価格は1,680円(ゲームボード1台、パネル8枚×2人分、アイテムカード8枚×2人分、取扱説明書)。