犬の目線から見た風景が録画できる! カメラつきドッグハーネス発売-ソニー

写真拡大

ソニーより、デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム「HDR-AS15」が取り付けられるアクセサリー、ドッグハーネス「AKA-DM1」が発売された。

ドッグハーネス「AKA-DM1」は、ハーネスの背中部分にアクションカム「HDR-AS15」を取り付けることで、飼い主である自分の姿や散歩道の風景など、犬の目線から見た風景が録画できるアクションカム対応アクセサリー。

犬のハーネスとして利用することもできれば、他のハーネスに取りつけて装着することもできる。ただし体重15kg以上の犬で胴回りが約50cm〜80cmの大型犬・中型犬が対象となっており、小型犬には対応していない。

カメラのアングルを調整する、チルトバックルをつけた状態で約180mm×50mm×150mmの大きさ。質量は約128g。動画撮影にあたっては本体「HDR-AS15」と、本体附属のウォータープルーフケースと装着バックル、または別売のスケルトンフレームと装着バックルが必要とのこと。希望小売価格は5,250円。ソニーストアでは4,880円。

アクションカム「HDR-AS15」本体では広角170度のワイド撮影が可能となっている他、ドッグハーネス附属のチルトバックルで前後45度の撮影角度を調整できるようになっており、迫力のあるワイド画面が撮影できる。カメラは背中に取りつけるため、犬の表情を撮影することはできないが、犬が歩く視点で見える世界、飼い主の表情や他の犬の表情、散歩中に見ている風景などを見ることができる。