「りぼん小学生まんが大賞」受賞作のレベルが半端ないと話題

写真拡大

集英社発行の少女漫画誌「りぼん」が、漫画家を夢見る小学生を対象にした「第9回 小学生まんが大賞」の受賞作品を発表した。

【関連:ワンピースのベトナム語版海賊ゲームが堂々としすぎ】

りぼん小学生まんが大賞

「りぼん」オフィシャルサイトの受賞作品紹介ページでは、受賞者の名前とともに、作中の1場面を掲載。その画力はとても小学生が描いたとは思えないほどレベルが高く、今インターネットを通じ話題になっている。

今回大賞を受賞したのは4作品。

・「ふわふわ恋模様」32P 岡山県 由井しまこ(小学校6年生)
・「小太郎騒動記」27P 神奈川県 星空雨(小学校6年生)
・「さかさまの世界」32P 東京都 日向りよ(小学校6年生)
・「等身大の私達」32P 岩手県 空水茜(小学校6年生)

これについてインターネットでは「最近の小学生の画力半端ない!」や「下手な絵を期待して見たら自分よりうまかったwwww」、「全部読みたいけど大人の男性としてりぼん買う勇気なすwww」など様々な意見が上がっている。

なお、今回受賞した小学生漫画家達の作品は、夏発売の増刊に全ページ掲載予定とのこと。
作品内容は明らかとされていないが、気になる方は是非手にとってみてほしい。

(文:しゅう)

画像:「りぼん小学生まんが大賞」ページ