日本最大級の動画サービス「niconico」が、6月5日(水)より有名作品や著名人等の連載小説を読むことができる「ニコニコ連載小説」を開始した。

 第一弾として、連載を再開した夢枕獏氏のキマイラシリーズ最新章「キマイラ⻤骨変」や、伏見つかさ氏の人気作「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」、師走トオル氏の「現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと」の特別版を無料連載する。

 著名人の連載小説や有名作品を無料で読むことができる「ニコニコ連載小説」は、各作品週一回の定期更新。連載作品はniconico会員以外でも、無料で閲覧することができる。掲載された小説は、各作品のブログおよびメルマガ配信機能「ブロマガ」にも掲載されるため、バックナンバーも閲覧することが可能となっている。
 
 キマイラシリーズ最新章「キマイラ⻤骨変」は、著者である夢枕獏氏が、4月に開催された「ニコニコ超会議2」にて公開執筆を行った作品。月替わりのオリジナル挿絵とともに連載される予定になっており、6月の挿絵は、ニコニコ静画で活躍している人気絵師「5月病マリオ」が手がける。

 ライトノベルを中心とした人気レーベル「電撃文庫」も、人気作品のニコニコ特別編を独占先行連載。今月は、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と「現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと」が公開される。7月からは蒼山サグ氏の「ロウきゅーぶ!」、9月からは鎌池和馬氏の「とある科学の超電磁砲」などの人気作品が先行掲載される予定となっている。

【関連リンク】
・ニコニコ連載小説
http://ch.nicovideo.jp/niconovel
・電撃文庫チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/dengeki-bunko/



『なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(祥伝社新書321)』
 著者:嶋 浩一郎
 出版社:祥伝社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
菊地成孔は格闘技界の「予言者」だった?
子どもと「イヤというほど」写真 「ビッグマウス」本田圭佑の意外な姿 
新入社員は、上司の心をカラオケでグッとつかむべし


■配信元
WEB本の雑誌