メリル・ストリープと再共演するエミリー・ブラント (c)Hollywood News

写真拡大

女優のエミリー・ブラントが、ディズニー新作映画『イントゥ・ザ・ウッズ』(原題、公開日未定)で女優のメリル・ストリープと共演することについて語った。

同映画は、1988年にトニー賞を3部門で受賞した同名のブロードウェイミュージカルを元に製作される。この作品は魔女によって呪いをかけられたパン屋の夫婦が呪いをとくために森の中に入り、シンデレラ、赤ずきん、ラプンツェル、「ジャックと豆の木」のジャックなどの有名なキャラクターに出くわしていくというストーリーである。エミリーはパン屋の妻を、メリルは魔女を演じることが決まっている。

エミリーはエンターテインメント情報誌「Vulture」に、歌を歌うことをとても心配していると語り、「でも、たのしむことができるように頑張るわ」とコメント。さらに『プラダを着た悪魔』(06)で共演しているメリルについては、「メリルが私にいじわるをする役で2本も共演できるなんて信じられないわ」「とても興奮しているの」と明かしている。

この映画ではほかに狼役をジョニー・デップが、シンデレラの王子役をジェイク・ギレンホールが、ラプンツェルの王子役をクリス・パインが演じる予定である。

超豪華俳優陣が有名なキャラクターを演じる姿を見られるのはかなりたのしみである。エミリーとメリルのやりとりにも注目したい。【馬場 かんな】