故マイケル・ジャクソンさんの娘パリスPhoto by Jason LaVeris/FilmMagic

写真拡大

故マイケル・ジャクソンさんの15歳の娘パリスが6月5日、自殺を図り、米カリフォルニア州カラバサスの自宅から救急車で近くの病院に運ばれた。幸い命に別状はなく、パリスは無事だという。

米アス誌などによれば、パリスは遺書を残し、鎮痛解熱剤モトリンを20錠摂取して包丁で手首を切った。パリスは自殺防止ホットラインに電話していたようで、オペレーターが危険を察知し911番に通報したという。

パリスの後見人である祖母キャサリン・ジャクソンは弁護士を通じて、「15歳という多感な時期は誰にとっても難しく、いちばん近しい人物を失った者にとってはその辛さもなおさらです」と語った。関係者によれば、パリスは2009年に亡くなったマイケルさんの死からまだ立ち直っておらず、最近は特に悩みを抱えて眠れない様子だったという。

パリスは自殺を図る直前、Twitterに「昨日、私の全ての苦しみは遠くに見えた。でも今、それらはまるでここに居座っている」と、ビートルズの曲「イエスタディ」の歌詞を書き込んでいた。

■関連記事
マイケル・ジャクソンの娘パリスが映画デビュー
マイケル・ジャクソンさんの子どもたち、30歳で30億円の遺産相続
マイケルさんに捧げる伝説のパフォーマンス「THRILLER Live」日本初上陸!
「スリラー」衣装など100点以上を展示!「マイケル・ジャクソン展」開催
ビヨンセがグラミー賞6冠 マイケル・ジャクソンの子どもたちもステージに