野心的な企画に挑戦したいと語るウィル・スミス

写真拡大

SFスリラー「アフター・アース」が先週末に全米公開されたウィル・スミスが、人気シリーズ「メン・イン・ブラック」の第4弾について乗り気でない考えを明かした。

スミスとトミー・リー・ジョーンズが共演する「メン・イン・ブラック」は、地球上に存在する宇宙人を監視する秘密組織MIBの活躍を描くSFアクションコメディ。昨年、シリーズ第3弾「メン・イン・ブラック3」が公開され、大ヒットを記録した。

英DigtalSpyによれば、ソニー・ピクチャーズは今年はじめに、脚本家のオーレン・ウジールと「メン・イン・ブラック4」を準備中であることを認めていた。しかし先日、スミスはインタビューで「僕は3作で十分だと思う。検討はするけれど、僕はそろそろ誰か他の人に託す時期かもしれないと感じている」とコメント。また、今後はこれまで主演してきた超大作を離れ、より野心的な企画に挑戦したい意向も語っている。

M・ナイト・シャマランが監督、スミスと息子ジェイデンが共演した「アフター・アース」は、6月21日日本公開。

■関連記事
ウィル・スミス、リメイク版「ワイルドバンチ」に出演
世界的実業家リチャード・ブランソン氏「アフター・アース」続編製作に参加
「アフター・アース」ウィル・スミス親子が東京スカイツリーに初上陸!
ウィル・スミス「ジャンゴ 繋がれざる者」降板の理由とは?
「MIB」コンビが世界で唯一、日本で2ショット!ファン500人熱狂