県民性に影響を与えた藩の分布

写真拡大

歴史哲学や比較文化的視点から日本史を研究する武光誠・明治学院大学教授に「職場と県民性」についてお話を伺った。

「人間の気質は、世代や時代背景などにも影響されていますが、そのなかで県民気質に着目するのも面白いかもしれません。県民気質をつくり出しているのは、気候、産業、交通路の違いといった地理的要素と、縄文文化圏・弥生文化圏の違い、江戸時代の藩の違い、戦国時代までの支配者の違いといった歴史的要素です。気候ひとつ取っても積雪の厳しい地域は粘り強い気質が、自然の恵みが豊かな地域は物事にこだわらない豪放な気質を持つ人がつくられやすいといわれる」

さらに、郷土の偉人の影響が強い地域もある。

「明治維新の西郷隆盛や坂本龍馬のような偉人を輩出する地域では、憧れの念から影響を受けている人もいる。例えば鹿児島県では薩摩人独特の気質を強く持つ男性を『ぼっけもん』と呼びます。西郷隆盛のようなどっしり頼られる人間に憧れを持つ人もいる。

土佐(高知県)気質の強い人には、坂本龍馬のような豪快な生き方を好む者も多い。酒と議論が大好きな、一本気で大きな夢を持っています。長州(山口県)気質の人で、勉強熱心で理屈っぽい人もいます」

つまり、鹿児島気質の強い上司には、小さいことにこだわらず、肝の据わった自分をアピールすれば評価してもらえるし、何事も1人で決めて突っ走るようなタイプはトラブルメーカーになる心配がありそうだが、土佐気質の強い上司であれば、逆にそれを奨励して助けてくれるかもしれない。筋の通らない行動を取れば、山口県出身の上司から大目玉を食らう。

上司に認められたくてヨイショをしても、それを嫌う気質もあるので、行き当たりばったりに、褒めればよいというわけではない。その人の気質を十分に知ったうえで付き合っていくべきだろう。それは、県民性に限ったことではない。さらにいえば、上司だけでなく、自分の気質も自覚したほうがよいようだ。

「『難波っ子』『大阪人』と呼ばれる生粋の大阪の人間は、見栄を張らずに本音で生きる人たちです。彼らは余計な気遣いやムダを嫌います。本音を出し合って話し合うのが合理的だと考えるのです。ところが、他の地域の人が、『大阪人』の気質を理解していないと、疎まれてしまうことがあります。自分の個性を表に出して、堂々と主張することは大切なことですが、自分の気質を理解して、少し抑えめにすることが、対人関係をよくするコツかもしれません」

東京は、地方出身者の集まりでもある。上司の出身地がわかっている場合、県民性を調べておけば、「こういう反応をするかもしれないな」というふうにあらかじめ意識できる。

「普段は方言や習慣を隠していても感情が高ぶったときに、県民気質も含めたその人が本来持っていた気質が表れやすいものです。県民性は、コミュニケーションを円滑にするための1つの道具です。決して偏見として捉えることなく、日本の地方史・日本史に興味を持つ1つのきっかけとして、楽しみながら学んでほしい」

とにかく上司の態度がちょっと特徴的だなと思ったら県民気質を調べてみる価値はある。今後の上司との関係を改善するヒントが得られるかもしれないからだ。

----------

歴史学者、明治学院大学教授 武光 誠
1950年、山口県生まれ。79年、東京大学大学院国史学博士課程を修了。文学博士。歴史哲学や比較文化的視点から執筆活動を展開。著書に『知っておきたい日本の神様』ほか多数。

----------

(歴史学者、明治学院大学教授 武光 誠 文=斎藤栄一郎 撮影=坂本泰士)