「ハーメルン」の一場面(C)ハーメルン製作委員会

写真拡大

西島秀俊主演、福島会津を舞台に、廃校となった学校で暮らす年老いた元校長と過疎が進む村に暮らす人々の姿を描いた映画「ハーメルン」の公開が、9月7日に決定した。

「美式天然」が、第23回トリノ国際映画祭でグランプリ&最優秀観客賞のダブル受賞を果たした坪川拓史監督がメガホンをとった本作は、高齢化率全国第2位の限界集落でもある昭和村で撮影され、移り変わる日々のなか、失われていく「場所」と「記憶」の本質を優しい視線で描く大人のファンタジー。西島が博物館勤務の主人公・野田を演じ、倍賞千恵子が野田を温かく見守る恩師の娘・リツコに扮する。

廃校となった村の小学校の取り壊しが決まり、元校長はもう使われることのない校舎を修繕しながらそこで暮らしていた。 ある日、その小学校で学んでいた野田が、校舎に保管されていた遺跡出土品の調査のために学校を訪れる。野田にとって学校は「忌まわしい場所」であり、誰にも言えない秘密を抱えていたが、 校長やリツコとの交流の中で懐かしい記憶が呼び戻され、 徐々に心が変化していく。

「ハーメルン」9月7日から渋谷・ユーロスペースほか全国で順次公開。

■関連記事
竹内結子、西島秀俊ら“姫川班”感謝の言葉に感無量
竹内結子&西島秀俊、果てしなく広がる「ストロベリーナイト」への思い
西島秀俊×阿部寛がフランス映画「メモリーズ・コーナー」で共演!
西島秀俊、イランの名匠アミール・ナデリと探求した飽くなき“映画愛”
阿部寛、「メモリーズ・コーナー」監督の“キスのスペシャリスト“発言にオロオロ