(株)矢野経済研究所は、2012年度の住宅リフォーム市場規模について、前年比約0.5%増の6.2兆円と推計した。
ただし、分野別にみると「家具・インテリア」関連は増加したが、住宅リフォームの根幹である増改築や水回りの交換といった「設備修繕・維持」関連は微減となった。
2013年度については、前年比2%増の約6.3兆円を予測する。また政府の「新星町戦略」に基づく政府からの補助金などの後押しや、リフォーム事業者によるリフォーム提案の強化により市場が活性化された場合、2020年の市場規模は7.6兆円(2010年比約29%増)まで拡大すると予測している。
なお今後の注目市場として、中古住宅流通量が増加するという推測のもと、中古住宅取得時のリフォーム需要が拡大するとしている。