今度はカタカナが動物にトンデモ変形!『超変換!!もじバケる』新シリーズ登場

写真拡大

「一文字の漢字」を組み換えて立体的な動物に”超変換”するオリジナル玩具菓子『超変換!!もじバケる』に、新シリーズ『チョウヘンカン!!もじバケるカナ』が登場。9月2日より全国のスーパーや量販店、コンビニエンスストアの菓子売場などで順次発売される。

「超変換!!もじバケる」は、2010年5月に発売されて以来、累計1,400万個以上を記録している、バンダイの人気玩具菓子シリーズ。「一文字の漢字」を組み換えて立体的な動物に「超変換」するというコンセプトは、その変換の面白さや漢字を遊びながら覚えることができる知育要素が話題となり、小学生男児からホビー好きの大人まで幅広い層に支持されている。国内だけでなく、海外からもデザイン性の評価が高く、2011年にはバンダイ商品・玩具菓子として初めて、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品(MoMA Collection)として認定された。

今回発売される『チョウヘンカン!!もじバケるカナ』は、「トリ」「サル」「ヘビ」「リス」「ゾウ」といった動物の名前を表したカタカナが、組み換えることでその動物の形に変形。3歳〜5歳の未就学児をメインターゲットにしており、大人のサポートを受けながら小さな子供でも組み換えやすいように、従来のシリーズよりも各パーツのサイズを大きくし、組み換えの工程数もより簡単になっている。全5種類(動物5種)+ガム1個で、価格は210円。

(C)BANDAI