乃木坂46の生駒里奈

写真拡大

アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈が6月5日、都内で行われたジェラルド・バトラー主演作「エンド・オブ・ホワイトハウス」の公開直前イベントに、メンバーの松村沙友理、若月佑美、危機管理コーディネーターのテレンス・リーとともに出席。「AKB48」はライバルグループだが、渡辺麻友が“推しメン”だと明かし、8日に発表される第5回AKB選抜総選挙の結果に「ひとりのファンとしてどうなるのかドキドキしている」と笑顔をのぞかせた。

テロリストの手に堕ちたホワイトハウスを舞台に、大統領救出のため壮絶な戦いに身を投じる元シークレットサービスの奮闘を描く。本作にちなみ、「グループからAKBにスパイを送り込むとしたら」と問われると、3人そろって「中学3年生だからかわいがってもらいながら、しっかりしているから報告もできそう」と齋藤飛鳥を推せん。生駒は「推しメンの好きな食べ物を聞いてもらって、それを差し出して顔を覚えてもらう」と笑いを誘った。

3人はこの日、リーによる「自分の身は自分で守れ」講座を受講。リーの指導のもと護身術を学び、アクション映画好きだという生駒が代表して実践に挑んだ。さらにリーは、傭兵時代の危険なエピソードを振り返り「こういうことは起こらないだろうと思うのではなく、可能性があると思って見てほしい。可能性の未来として描かれている」と語った。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」は、6月8日から全国で公開。

■関連記事
【予告編】「エンド・オブ・ホワイトハウス」
ジェラルド・バトラー、来日会見で大はしゃぎ!「エンド・オブ・ホワイトハウス」をPR
LiLiCo、念願の初CMナレーションで「主人公も肉食系イケメンで最高〜」
なでしこジャパン&乃木坂46が「ハンガー・ゲーム」を大絶賛
“エース”生駒が人生初ゴール!乃木坂イレブンがヤングなでしこにエール