ウィル・フェレル主演のミニシリーズ『The Spoils of Babylon』に豪華出演者が続々決定!

写真拡大

ウィル・フェレル主演で製作されるミニシリーズ『The Spoils of Babylon』に豪華出演者が多数決定したと放送局の米IFCが発表した。

『The Spoils of Babylon』は、ウィル・フェレル演じる架空の作家エリック・ジョンロッシュのベストセラー大作をテレビドラマにする、というミニシリーズ・コメディ。1話30分のエピソードで全6話からなるシリーズとなり、2014年初めころに初回放送される予定だ。今回出演が決まった豪華キャストはジェシカ・アルバ、ヴァル・キルマー、トビー・マグワイア、ハーレイ・ジョエル・オスメント、マイケル・シーン、ティム・ロビンス、クリステン・ウィグだ。

本シリーズは、モアハウス一家の世紀にわたる官能的でドラマチックなストーリーを壮大に描くコメディ。石油ビジネスで財を成したモアハウス一家は、父親のジョナス(ティム)、娘シンシア(クリステン)、 ジョナスの養子デヴォン(トビー)。プレスリリースによると、舞台も様々でテキサスの油田からニューヨークのビジネス街、さらには荒れた戦地の戦いから、寝室までさまざま。タブーな恋愛、不良息子、愛人といった複雑な関係が描かれるほか、犯罪も絡み、イランの君主(ウィル)や米軍大将(ヴァル)も登場し、国際的なスパイ活動も描かれるという大がかりなストーリー発展となるようだ。

IFC社長のジェニファー・カゼルタはプレスリリースで「才能豊かなキャストらの演技が、この壮大な叙事詩というジャンルに価値を与えてくれるでしょう。今までにない賞賛を浴びるに値する風刺的なニシリーズとなるはずです」と述べているが、ウィルの作品なだけに、おバカコメディになることは予想できる。壮大な設定の中で、どれだけ"遊び"を披露してくれるのか。主演・製作を務めるウィル自身も「これはクレイジーでバカげたアイデアだ。それに付き合ってくれるIFCは、勇気があるのか、ただ無謀なのか。とにかく素晴らしいパートナーに巡り合えました」と冗談交じりに語っている。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『華麗なるギャツビー』バズ・ラーマン監督来日決定!
大物ヒットメーカーの新作が登場!!LAスクリーニング2013@Warner Bros International TV Distribution<コメディ編>
もっと演技がしたい! ヴァネッサ・レンジーズが『glee』のシュガー役を降板!