「進撃の巨人」単行本累計2000万部突破!―講談社1階で巨人の実物大ヘッドが一般公開

写真拡大

諫山創さんの漫画「進撃の巨人」(別冊少年マガジン連載/講談社発行)の単行本10巻の累計部数が2000万部を突破した。

【関連:ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」制作決定―タキシード仮面は元宝塚の大和悠河】

巨人ヘッド


「進撃の巨人」はアニメ作品が4月から放送開始。放送後だけでトータル870万部の重版となり6月4日時点の累計2000万部突破は、全出版社を対象とした店頭でのタイトル別週間実売数ランキング調査でも、「アニメ化作品として史上最高の販売数※」を記録している。(※日販オープンネットワークWIN調べ)

また、「進撃の巨人」が掲載されている「別冊少年マガジン」は、アニメ放送とそれに伴う単行本の売れ行き増により、アニメ放送開始後の5月号(4月9日発売)が前号と比べて実売数が30%もアップしている。

なお、今回の大ヒットを記念して掲載誌「別冊少年マガジン」では6月7日発売の7月号から4号連続で「進撃の巨人」付録企画が開始。

そして、6月4日から7日までの4日間限定で、3月に幕張メッセで行われたACE(アニメコンテンツエキスポ)で初披露された巨人の実物大バルーンヘッドが講談社本社1階で一般公開される。