上川(中央)初主演作の会見に主要キャストほかが集結

写真拡大

上川隆也が映画初主演を務めたミステリー「二流小説家 シリアリスト」(猪崎宣昭監督)の会見が6月5日、都内で行われ、上川をはじめ、共演の片瀬那奈、高橋惠子、小池里奈、武田真治、主題歌を担当した泉沙世子、原作者のデビッド・ゴードン氏が出席した。

「このミステリーがすごい! 2012年版・海外編」(宝島社)、「週刊文春ミステリーベスト10 2011年海外部門」(文藝春秋)、「ミステリが読みたい! 2012年版・海外編」(早川書房)でそれぞれ1位という史上初の3冠を獲得した同名小説の映画化。売れない小説家・赤羽一兵(上川)が、猟奇殺人鬼の死刑囚・呉井大悟(武田)とある取引を交わしたことで、新たな連続殺人事件に巻き込まれていく姿を描く。

本作で映画初主演を果たした上川は、「もともと自分の出演した作品を見るのが恥ずかしいのに、自分の顔が大きなスクリーンに映し出され、ものすごい抵抗感で消え入りたかった。今回は取材を受けることが多く、撮り終えた後に『ああ、主演をしたんだな』と実感している」と充実した表情。呉井に姉を殺された長谷川千夏役の片瀬は、「上川さんは、言葉で話すよりも空気で感じ合えるような芝居の環境を作ってくれたので、とてもやりやすかった」と厚い信頼を寄せていた。

面会室での上川と武田の掛け合いも見どころのひとつだが、上川は「寒くてずっとストーブにあたっていた。ふたりでストーブにあたりながら、互いの役柄について色々と話した記憶がある」と述懐。武田も、「敵対する芝居でも協力体制は必要。今日も控え室で上川さんが他の方としゃべっていると、僕は誰と話せばいいのだろうとジェラシーにも近い気持ちがあった。深いところで上川さんを求めていたんだな(笑)」と意味深なコメントで笑いを誘った。

ゴードン氏は、「日本映画のファンだったので日本での映画化は夢のようだった。とてもラッキー」と笑顔。本作のために主題歌「手紙」の詞を書き下ろした泉は、「むき出しの愛をイメージして書いた。自分の音楽の幅を広げてくれた作品」と胸を張った。

「二流小説家 シリアリスト」は、6月15日から全国で公開。

■関連記事
【特集】「二流小説家 シリアリスト」
【予告編】「二流小説家 シリアリスト」
上川隆也、満を持しての映画初主演に「毎日が暗中模索」も充実の面持ち
武田真治、上川隆也初主演作「二流小説家」で連続殺人犯に!
上川隆也初主演作の主題歌、泉沙世子の3rdシングルに決定