今年はラフが深いので例年以上にフェアウェイキープが大事だと語る宮里(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェグマンズLPGA選手権 事前情報◇4日◇ローカストヒルカントリークラブ(6,534ヤード・パー72)>
 米国女子メジャー第2戦「ウェグマンズLPGA選手権」が6日(木)からニューヨーク州にあるローカストヒルCCを舞台に開催される。
女子プロ写真館に最新試合の秘蔵フォトをアップ!
 昨年大会は日本ツアーでも活躍しているフォン・シャンシャン(中国)が逆転でメジャータイトルを獲得。中国人として初のメジャーチャンピオンとなった。今大会日本勢は、宮里藍、宮里美香、上田桃子、有村智恵、上原彩子の5人が出場。1977年に樋口久子が手にした今大会のタイトルをかけて大舞台に挑む。
 この日は各選手練習ラウンドを行い調整。宮里藍は沖縄の先輩である上原と共にラウンドし自身の調子とコースをチェック。「今年はラフが深いのでフェアウェイキープが大事」とコースを警戒した。昨年大会2打差の2位タイに入るなど今大会と好相性を誇る宮里美香も気合い十分で本戦に備えている。
 有村は先週の「ショップライトLPGAクラシック」で、今季最高の5位タイに入るなど上り調子。上田桃子も国内ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で優勝を争うなど上昇気流に乗っているだけに、なでしこ5人の上位進出に期待がかかる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>