“ロシアンルーレットパイ”に挑戦した4人

写真拡大

サバイバル・アドベンチャー大作「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」のブルーレイ&DVD発売記念イベントが6月5日、都内で行われ、お笑いコンビ「髭男爵」の山田ルイ53世とひぐち君、小島よしお、ヒロシがトークイベントに出席した。

1匹のベンガルトラとともに、大海原を救命ボートで漂流することになったインド人青年パイのサバイバルを描いた本作。パイ同様、過酷な芸能界をサバイバルしてきたとして招集された4人は、それぞれ自慢の新ネタを発表した。ひぐち君は、前夜の2014年ワールドカップ・ブラジル大会出場を決めたサッカー男子日本代表の本田圭佑選手のゴールを見てひらめいたというギャグ「ひぐちサッカー」を披露するも、会場は一瞬にして静まり返った。相方のルイ53世も「こんなにも無力なんや」と深くうなだれていた。

本作のタイトルにちなみ、4人は激辛からし入りのパイが入った“ロシアンルーレットパイ”に挑戦。唯一からし入りパイを免れ、映画の“PRタイム権”を得たヒロシだったが「これでまた仕事が減るんじゃ」と弱気。「僕も2000日くらい漂流していたから、あきらめちゃいけないんだなとパイから学ぶことが多かった。僕がトラを手なずけるのは無理だろうな。マネージャーだって手なずけられないんだから」と自虐ネタで笑わせた。

カナダ人作家ヤン・マーテルがブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を、「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」のアン・リー監督が映画化。第85回アカデミー賞で11部門にノミネートされ、リー監督は自身2度目となる監督賞受賞を果たした。ブルーレイ&DVDは、本日から発売。

■関連記事
【特集】「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
アカデミー賞効果で「ライフ・オブ・パイ」が全米ボックスオフィスで躍進
スベりまくり… 髭男爵ひぐち君、スギちゃん代役務まらず
小島よしお、早期復帰のスギちゃんに苦言?「もう少し休んでも……」
ますおか岡田、復帰したスギちゃん…ではなく小島よしおにエール!