ヒロインくるみの亡くなった恋人ハルに似せたロボハル。繊細な雰囲気の美少年ロボットに思わずドキドキ…/[c]2013 ハル製作委員会

写真拡大

「鉄腕アトム」や「ドラえもん」という国民的人気キャラクターの活躍も手伝ってか、不思議と身近に感じてしまう“ロボット”という存在。人間に敵意を抱かせない頭身の低いものや美少女といった姿で描かれることが多いロボットだが、6月8日(土)から公開される劇場版アニメ『ハル』に登場するのは、女性ならば誰もがときめいてしまいそうな、さわやか系の美少年ロボットなのだ。

【写真を見る】キャラクター原案を手がけたのは、人気少女漫画家・咲坂伊緒

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」などで知られる人気少女漫画家・咲坂伊緒がキャラクター原案を手がけた本作は、人型ロボットが人々と暮らしている近未来の京都が舞台。飛行機事故によって恋人・ハルを失い、押し入れに引きこもった少女くるみと、彼女を救うためにケアセンターから派遣されてきたハルそっくりの顔をしたロボハルの交流を時に切なく、時に優しく、繊細なタッチで描いていく。

大きな瞳と繊細で優しげな雰囲気という外見はもちろんだが、その健気さがハルの最大の魅力。「ニセモノなんかいらない」と言って冷たく当たるくるみに対して、献身的に尽くしていくロボハルは、女性ならば誰もが隠し持っている“お姫様願望”を絶妙なタッチでくすぐるのだ。

どんなにワガママを言っても受け入れてくれるのも、慣れない手つきで家事をこなしてくれるのも、すべて「あなたの笑顔が見たいから」。そんな美少年ロボット・ハルに、叶わぬ恋をしてしまう女性が続出するかも!?【トライワークス】