夏のボーナス調査、支給額は20〜60万円 - 6割が景気回復の実感なし

写真拡大

楽天リサーチは全国の20歳から69歳までの会社員・公務員男女計1,000名に対して、夏のボーナスに関するインターネット調査を行った。調査期間は5月9日から10日。この結果59.1%が景気の上向きに関して「実感がない」と回答、そのうち最も多いのが30代で66.5%となった。

同調査によると、今年の夏のボーナス支給予定がある人は69.9%。見込み額は「昨年と変わらない」が37.7%と一番多く、「増えそう」と「減りそう」の回答はどちらも約2割となった。「100万円以上増えそう」は0.4%だった。

支給見込み額のトップ3は、「20万円以上〜30万円未満」(12.3%)、「30万円以上〜40万円未満」(12.2%)、「40万円以上〜50万円未満」(11.0%)。20万円から50万円の範囲がボリュームゾーンとなっていることがわかる。

■ボーナスの全額貯金は10人に1人

ボーナスからどれくらいの金額を貯蓄に回すかの調査では、「5割程度」が最も多くて13.2%、「2割程度」が10.3%、「全額」が9.9%となった。ちなみに購入を予定しているものでは「洋服・ファッション関連」が最も多くて51.8%、次いで「パソコン、パソコン周辺機器」が20.6%となっている。

同調査の詳しい結果は、公式ホームページを参照のこと。