サマンサタバサジャパンリミテッドが、「L'EST ROSE(レストローズ)」を手がけるラ・エストを子会社化する。サマンサタバサジャパンリミテッドの完全子会社バーンデストジャパンリミテッドのアパレル部門事業拡大を視野に、6月10日付でラ・エストの全株式を取得する予定だ。

サマンサ、「レストローズ」運営会社を子会社化の画像を拡大

 サマンサタバサジャパンリミテッドは、6月4日に行われた取締役会でラ・エストの全発行済株式を取得し子会社化するための株式譲渡契約書を締結。ラ・エストはパリ風のヴィンテージテイストを提案する「L'EST ROSE」をはじめ、ロサンゼルスのレトロテイストでガーリーな女性像をイメージする「Secret Magic(シークレットマジック)」やセレクト業態の「L'est Rose Paris(レストローズパリ)」などを企画・運営するアパレルメーカー。メディアを活用した積極的なプロモーション戦略などで若い女性からの支持を獲得しており、2013年1月期の売上高は61億円で全国の百貨店や商業施設を中心に約60店舗を展開している。