ブラノン・ブラガ

写真拡大

『スタートレック:エンタープライズ』『24 -TWENTY FOUR- 』『Terra Nova 〜未来創世記』などの製作にかかわったブラノン・ブラガ。そのブラガが新たに手がける新作ドラマのシリーズ製作が決定した。

ドラマのタイトルは『Salem』。17世紀に魔女狩りが行われたことで知られる米マサチューセッツ州のセーラムを舞台に、魔女狩りが引き起こされたきっかけと、その背後に隠された超自然的な暗黒の真実を描く。壮大なロマンスを中心に展開する物語のなかで、現実の存在でありながら、見かけとは異なる新解釈の魔女が登場するという。

製作総指揮を務めるのは、ブラガと、映画『エクトプラズム 怨霊の棲む家』の脚本を手がけたアダム・サイモン。2014年の放送に向けて、今年の秋に13話分の製作がスタートする。

もともとは米FX局向けの企画だったが、FXで放送されている『アメリカン・ホラー・ストーリー』のシーズン3が魔女を題材にすることに決まったため、ケーブル局WGN Americaへ新たに企画が持ち込まれた。本作は、WGN Americaにとって初めてのオリジナルドラマ作品になるとのことだ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
打ち切りになった『スタートレック:エンタープライズ』の新シーズンを、米動画配信サービスNetflixで作ってもらおう!という運動が立ち上げ
『スタートレック:エンタープライズ』のプロデューサーは、宇宙船の出航に1シーズンまるごと費やすつもりだった!?
巨匠スピルバーグが描くアクション・アドベンチャー超大作『TERRA NOVA/テラノバ』発売決定!