今年10歳と5歳になる2人の娘を持つジム・ロジャーズ(撮影:和田佳久)

写真拡大

ここまでの3回の連載で、起業家・富裕層がシンガポールに集まる理由を紹介しました。今回は、こうした起業家・富裕層の中から著名な人物を紹介していきます。

子どもの教育を考え移住したジム・ロジャーズ

 シンガポールで移住した著名人といえばジム・ロジャーズが最も有名でしょう。

 米国人であるジム・ロジャーズはジョージ・ソロスと1973年にヘッジファンドを設立し、大成功をおさめます。その後、ソロスとたもとを分かったロジャーズは、1990〜92年にバイクで1999〜2002年に車で世界中を旅します。この2つの旅行はどちらも、バイクと車で移動した旅行として最長であるとギネスブックにも認定されています。ロジャーズの旅行をしながら有望な投資先を探すスタイルは、日本でも冒険投資家として有名になりました。

 そして、ロジャーズはこの2つの旅行を通して21世紀がアジアの時代になると考え、本拠地を英語に加えて中国語も学べ、かつ生活環境も良いシンガポールに定め、2007年にシンガポールに移住しました。

 シンガポール移住の際に彼が発したとされる「1807年にロンドンに、1907年にニューヨークに移住することが賢明であったのと同じく、2007年にアジアに移住することは賢い」という言葉は今でもよく引用されています。

 また、この連載の2回目でも紹介しましたが、ロジャーズが当時まだ幼いわが子をベビーカーで連れ歩く姿は、シンガポールの治安のよさを裏付けるものとして米国で大きく取り上げられました。ジム・ロジャーズには、今年10歳と5歳になる2人の娘が居ますが、上の娘さんをインターナショナル・スクールではなく、現地の学校に通わせています。

 シンガポールの現地校のレベルの高さは、種々の国際ランキングでも裏付けられていますが、ロジャーズの上の娘さんが通っているのはシンガポールの中でもトップとされる小学校です。

 私のお客さんの中には、シンガポールで現地校に通わせると英語の発音がシングリッシュになることが不安だと言う人が居ますが、もちろん上記のようなトップクラスの小学校であれば、英語のネイティブが英語の授業を行うのでそうした心配は皆無です。

 そして、トップクラスの小学校のレベルの高さはすさまじいようで、ロジャーズと同じ小学校に子供を通わせている知り合いの話によると、日本の小学校の約2倍のペースでカリキュラムが進んでいくようです。ただ、永住権を保有していたとしてもジム・ロジャーズのような外国人が、子息をトップクラスの現地校に入学させるには非常に高いハードルがあるようですが、それについてはこの連載の教育についての回で詳しく解説します。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)