覆面コラムニスト フェルディナント・ヤマグチ氏

写真拡大

はじめまして。フェルディナント・ヤマグチと申します。「20代女性とつき合える40代男の条件」ですね。はい、40代でも全然いけます。50代となった私も、普通におつき合いしております。

若いコは年上に興味があるのです。素敵なミドルとつき合ってみたいという憧れは潜在的にある。

「でも若い女のコはカネがかかるし……」と思っていませんか?

今の20代はカネなどかかりません。なにしろ失われた20年に生まれ育った世代ですから、贅沢というものを知らんのです。

しかも、同世代の男は草食系だらけでカネもないから、ショボい遊びしかしていません。遊び慣れした40代の出番なのです。市場はブルーオーシャンで、その気になれば総取り、一網打尽です。

というわけで、今は状況がとてもいいのです。ちょっと気の利いた店に連れていくだけで、女のコには新鮮な体験なのです。

貧乏なオッサンが若いコとつき合うのは無理ですが、適度にカネがあり、行動全般に余裕がある方は親密交際が十分可能です。

では、40代男性に必要なスキルとは何でしょうか。

世代的には彼女の父親に近いわけですから、“パパと5歳しか違わないのに素敵”という部分をアピールしなくてはいけません。

まずフィットネスであることは最低条件。マッチョである必要はありませんが、きちんとカラダを動かす習慣のある、健康な人かどうかは見られています。デブでモテる可能性は極めて低い。

ファッションも高い服を着ろ、いい靴を履けとは言いません。清潔なシャツ、プレスの効いたズボン。きちんとした身だしなみを心がけてください。300万の時計をしていても鼻毛が出てたらアウトです。男だって醜いババア、嫌でしょ? 同じです。

オヤジであることはいいんです。ダメなのはダサいオヤジ。ちょっとした隙で「あ、ダサいオヤジ」と思われた瞬間、すべてぶち壊しですから、気は抜けません。

若者の情報を無理して集めることも避けましょう。カラオケでもEXILEの新曲は歌わないほうがいい。マイナスポイントになりかねません。ムリに若ぶるのが一番イタい。生兵法は怪我の基です。

ポイントは楽しく仕事の話ができるか。仕事が地味でもいいんです。仕事を熱く語るプロの姿が女のコにはまぶしく映るようです。

40代男性には知恵も人脈も経験もあります。こんな仕事をしたいと悩んでる女のコに、こうするといいよ、というアドバイスはきっとグッと刺さります。

■リスクを抱えたうえで得る果実はあるか?

ウソをつくのはダメです。よく「家庭がうまくいっていない、離婚しそう」とウソをつくバカがいるんですが、これはいかんです。幸せな結婚をしているときちんと言って、ダメならあきらめましょう。でも、大丈夫。「不倫なんてとんでもない」と思っていたコの心がポキッと音を立てて折れて、なびいてくる瞬間があります。いやあ、この音がたまりませんのです。なんで悪いことってこんなに興奮するのでしょう。

出会う場所ですか? たくさんあるじゃないですか。取引先、友達の会社、後輩の紹介……。ただ、知り合うきっかけがないからと、会社のコに手を出すのは死んでもダメです。“自社株買い”はいつか必ずバレます。バレていいことは何もない。下手すると人生終わります。

家庭や仕事、背負っているリスクは女のコよりも男性のほうがはるかにデカいのです。くれぐれもリスクテークする価値のある女性かどうか、よく考えて踏み込んでください。

もちろん、やがて来る別れにソフトランディングはありません。好きになってしまっただけに、見苦しいほどジタバタすることでしょう。それが恋愛です。

若いコは怖いという方には、ハイリスクのようでいてローリスクな人妻との交際がお勧めですが……や、その話はまたいずれ。

----------

覆面コラムニスト フェルディナント・ヤマグチ
本業は半導体のマーケットアナリスト。「日経ビジネスオンライン」で自動車評論「走りながら考える」連載中。著書に『恋愛は投資である』(扶桑社)ほか他数。

----------

(覆面コラムニスト フェルディナント・ヤマグチ 構成=プレジデント編集部)