山手線沿線のラーメン店34軒が参加。「山手線ご当地ラーメン決定戦」開催!

写真拡大

ラーメンデータバンクは5月10日より、山手線沿線に店舗を構えるラーメン店34店舗が参加する「山手線新ご当地ラーメン決定戦」を開催している。

同社によると、東京には約8,000軒もの様々な味のラーメン店が全国から集まっているという。そこで同イベントを通じて、ラーメン激戦区「山手線エリア」に新しいご当地ラーメンを誕生させることを狙っているという。

今回、「店舗は山手線の駅から半径約800m以内」「提供メニューはイベント限定メニューであること」「メニュー名に駅名や地名を冠すること」などの条件をクリアしてエントリーした、全34店舗が参加。各駅・各地域のことを考え、各地域の人々を思いながら、その地域の“新ご当地ラーメン”を創作した。

参加者は、エントリーされた34店のラーメンの中から「食べたいと思うラーメン」や「実際に食べて気に入ったラーメン」を、山手線新ご当地ラーメン決定戦公式サイトから投票する。8月31日まで実施する一般投票による一次審査、ラーメンに精通した特別審査員による二次審査(9月10日〜31日)を経て、優勝店舗が決定する。

また、イベント参加者にも、ラーメン無料券や参加店舗のオリジナルTシャツやどんぶり、オリジナルグッズなどが当たるプレゼントキャンペーンも実施する。

エントリーしている店舗や参加方法などは、山手線新ご当地ラーメン決定戦公式サイトで案内している。