一緒に観戦! 祝福を寄せたAKB48篠田麻里子と小嶋陽菜

写真拡大

 ワールドカップ(W杯)出場を決めたサッカー日本代表に称賛の声が集まる中、芸能人からもツイッターなどを通じて祝福が寄せられている。4日、埼玉スタジアムでW杯アジア最終予選のオーストラリア戦に臨んだ日本代表は、後半ロスタイムに本田圭佑がPKを決めて1-1で引き分け、5大会連続5回目のW杯出場を決めた。

 試合終了後、アイドルグループAKB48の篠田麻里子は「W杯行きたい」とツイート。ユニフォーム姿で篠田とのツーショットを掲載した小嶋陽菜も、「最後までドキドキでしたが、歴史的瞬間に感動しましたー!!」と喜びを爆発させた。

 また女優の山田優は「日本ーーー!W杯出場おめでとーーーーー\(^o^)/ やったー!」と全力で喜びを表現。「サッカー興奮したーっ!! 家で見ながら飛び跳ねた」という吉高由里子も「今日は街が普段より気温が高くなる夜か」と興奮を明かしつつ「怪我にご注意。やりすぎだめよ」とサッカーファンへの注意も忘れなかった。

 さらに有吉弘行は、「ザッケローニさんの可愛い笑顔を久々に見れて嬉しい。。。」としみじみ。そのほか市川海老蔵やローラ、益若つばさなど、数多くの芸能人がツイッターやブログで祝福のメッセージを発信している。

 ロック歌手の内田裕也も、喜びをつづった一人。自身のツイッターで「HONDA君! ちょっと生意気な奴だと思っていたが、ヤル時はヤル!」と劇的なゴールを決めた本田を絶賛。「金髪が映えていた。PKはオレもキンチョーした!祝! ROCK'N ROLL!」と祝福のメッセージを送っている。(西村重人)