「JAPAN EXPO」でエヴァンゲリオン展示会開催、アニメやコミック原画など

写真拡大

7月4日〜7日の4日間にわたってフランス・パリにて開催される「第14回 JAPAN EXPO」において、人気アニメ『エヴァンゲリオン』の展示会「EVANGELION ANIME WORKS in Paris」(エヴァンゲリオン・アニメ・ワークス・イン・パリ)の開催が決定した。

「JAPAN EXPO」は、世界最大の日本文化フェスティバルであり、昨年夏に開催された「第13回 JAPAN EXPO」では、4日間の開催でヨーロッパを中心に延べ21万人を動員。浦沢直樹、FLOW、美樹本晴彦、田中公平、稲船敬二、きゃりーぱみゅぱみゅ、ももいろクローバーZなど多彩なゲストが登場したことでも話題となった。今年はすでに、漫画『北斗の拳』で知られる原哲夫、アイドルグループのでんぱ組.inc、音楽ユニットangelaなどの出演が決定しており、今後も次々と大物ゲストが発表される予定。

今回『エヴァンゲリオン』は、「JAPAN EXPO」のオフィシャル企画として進められ、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の原画(複製)や設定資料、貞本義行『新世紀エヴァンゲリオン』コミック版原画(複製)、エヴァンゲリオン初号機ヒューマンスケールフィギュア(全高2m9cm)、エヴァンゲリオン・Tシャツコレクション、エヴァンゲリオン・セレクトグッズなどの展示に加え、動画『Rebuild of EVANGELION』の上映も予定。そのほか、会場内において『エヴァンゲリオン』関連ブース4カ所を結ぶスタンプラリーの実施も決定している。

「JAPAN EXPO」には日本企業からの出展も多く、日本企業出展エリアは今回「SAIKO! JAPAN」と名づけられ、昨年の約3倍となる30社61ブースが出展される。各ブースでは、出版、映像、アニメ、アイドル、文化、伝統工芸などがPR、販売され、会場の中心には「SAIKO! ステージ」も設置。ゲストのサイン会や各社のイベントなど、日本からの出展社がPRできる場が設けられている。

(C)khara