巨乳女優が暴れまわる映画ばかり撮りまくった、ラス・メイヤーの巨乳に対するこだわりが詰まった作品。巨乳好きにはたまらない/[c]MCMXCVII Playboy Entertainment Group, Inc. All Rights Reserved. PLAYBOY, PLAYMATE and RABBIT HEAD DESIGN are trademarks of and used under license from Playboy Enterprises International, Inc.

写真拡大

『ワイルド・パーティー』(70)などを手がけた、カルト映画の巨匠であり、大の巨乳好きとしても知られる奇才ラス・メイヤー監督。彼をメインに迎え、歴代の巨乳プレイメイトたちを映像で振り返るDVD「Playboyのダイナマイト・ボディ/ラス・メイヤーと巨乳史」が6月5日(水)より発売される。

【写真を見る】女豹のポーズでバストを強調する美女たち

ラス・メイヤー監督と言えば、自身の作品にひたすら巨乳女優ばかりを起用した筋金入りの巨乳マニア。そんな彼へのインタビュー映像を通して、大きなおっぱいの魅力にじっくりと迫っていくのが本作だ。その言葉のひとつひとつからは、メイヤー監督の深遠なる巨乳論の一端を垣間見ることができるだろう。もちろん、往年のプレイメイトたちのセクシー映像も満載なので、まさに巨乳マニア必見の1本となっている。

おっぱい界にその名を轟かせる巨匠が何を語るのか、注目の本作。メイヤー監督の巨乳に対する飽くなき情熱には、男なら誰もが感銘を受けてしまうはず!?【トライワークス】