極限の胸中を明かした遠野なぎこ
 - (写真は2012年5月撮影)

写真拡大

 女優の遠野なぎこが3日にオフィシャルブログを開設し、摂食障害を抱えていることや母との確執について赤裸々につづり、「正直日によっては自分を粗末に扱ってしまいたくなる日もあります」などと極限の胸中を激白している。

 近年多くのバラエティー番組に出演し、お茶の間に破天荒な印象を与えてきた遠野。その裏では母との確執や摂食障害という病気を抱え、「人前では心の闇と症状をひたすら隠し誤魔化して、必要以上に明るく振る舞ってはいつも言葉を飲み込んで…独りになるとそんな自分に怒りがこみ上げてきて悔しくて情けなくて自分を取り巻く全てのことから逃げ出したくて」と苦悩を吐露。

 自分を「まるで道化師でした」と比喩しながら「母との関係、摂食障害、私自身まだどちらもゴールは見えていないのが現状です」。自身が抱える病や母子問題は「周りの理解を得ることが非常に難しく、孤独に苦しむ問題」としている。

 3月に出版した自伝「一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ」(ブックマン社)でも親友にさえ打ち明けられなかったという半生を全て告白した遠野。同ブログでは読者と一緒に前進していけたらと、悩み相談にも答えるという。(清水一)