【男性視点】車の税金も割り勘!? 男性をドケチ化させる原因とは?

写真拡大

男性のみなさん、もしドライブデートで遠出するとしたら、ガソリン代や駐車場代は女性のぶんまで払いますか? それとも割り勘ですか? マイナビウーマンアンケートで働く女性に「この男性は『ケチだなあ』と思ったことってありますか?」と問いかけたところ、下記のような声が寄せられました。

■「付き合っていた男性の中に、『助手席に乗るんだから車の税金を払え』と言った男がいた」(機械・精密機器/事務系専門職/10年目)
もはや、これは「タクシー」と呼ぶべき!? この男性についてどう思うか、マイナビニュースの男性会員280名に聞きました。

<回答>
この男性はケチ 80.0%
この男性はケチではない 20.0%

>>>女性の意見はこちら

■「この男性はケチ」と答えた男性の意見

・「さすがにこれはない。金に執着しすぎ」(26歳男性/食品・飲料/技術職)
・「こんなの考えられないし、嫌がらせとしか思えない」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「助手席に乗らなくても、税金は変わらない」(38歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「そこまでケチるなら、車を売ればよい」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「悲しいですね」(30歳男性/情報・IT/技術職)

■「この男性はケチではない」と答えた男性の意見

・「当たり前。それくらい払おうとする姿勢をみせろ」(32歳男性/情報・IT/技術職)
・「乗せてもらって当然と思っているのが悪い。ガソリン代でも折半するなり、たまに出していればそんなこと言わないんじゃない?」(30歳男性/自動車関連/技術職)
・「気が利く女の子なら、自分から半分払ってくれると思う」(33歳男性/学校・教育関連/販売職・サービス系)
・「これは、単なる嫌がらせ。本当に金が欲しいわけではない」(39歳男性/その他/その他)
・「頭がいい」(32歳男性/マスコミ・広告/技術職)

同性からもブーイングの嵐。一方で、「何も支払う意志を見せない女性にも原因がある」という指摘もありました。「チリも積もれば山となる」というように、ささいな負担も積み重なれば不仲の原因に。ドライブデートをする機会が多い女性は、せめて数回に1回は駐車場代の負担を申し出るなど、先手を打っておくといいのかもしれませんね。

※『マイナビニュース』にて2013年5月にwebアンケート。有効回答数280-件

(OFFICE-SANGA)