葬儀に関する意識調査、60代の25.8%が「戒名は必要ない」と回答

写真拡大

インターネットによる葬儀ビジネス「小さなお葬式」を運営するユニクエスト・オンラインはこのほど、葬儀に関する意識調査の結果を発表した。

同調査は4月26日〜29日、クロス・マーケティングの協力のもと、インターネットにて実施。調査対象は、10〜70代の男女996名で、団塊の世代で特徴的な傾向が見られたという。

調査の結果、「戒名は必要ないと思う」人は全体で15.0%となった。1位は「60代」の25.8%、2位「50代」20.0%、3位「70代」19.4%となった。団塊の世代を含む60代の25.8%が戒名は必要ないと考えており、世代別トップとなった。

「自身のお葬式にいくらかけたいと思いますか」との問いには、団塊の世代を含む60代の31.1%が自身の葬式に50万円台を希望しており、他の価格帯と比べ最多となった。その他の世代は10万円台の希望がもっとも多かった。団塊の世代は、地味な葬儀は嫌で「自分の生きた証を残したい」という自己主張が見られる傾向、と調査では分析している。

「生きているうちに(お葬式や供養に関して)調べるのは縁起が悪いと思う」人は、全世代平均で3.3%と、ごく少数となった。

同社では、全世代に共通する結果として「終活ブームの影響で、終活に対する意識はもはやタブーなしかと思われる傾向となった」としている。

その他、詳細は「小さなお葬式」プレスリリースページで確認できる。