『スター・ウォーズ』ハン・ソロ役を断っていたことを明かしたアル・パチーノ
 - Venturelli / WireImage / Getty Images

写真拡大

 名優アル・パチーノが、ロンドンで一日限りのイベント「An Evening With Al Pacino」を行い、「脚本が理解できなかった」という理由で『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役を断っていたことを明かした。Telegraph.co.ukが報じている。

 同サイトによると、結局はハリソン・フォードが演じることとなったハン・ソロだが、ハリソンは第1候補ではなかったといい、監督のジョージ・ルーカスはすでに『アメリカン・グラフィティ』で一緒に仕事をしていたハリソンではなく、アル・パチーノ、ジャック・ニコルソン、ビル・マーレイらを起用したいと考えていたようだ。

 また、アル・パチーノは『スター・ウォーズ』のほかにも、『地獄の黙示録』の主演や、『プリティ・ウーマン』でリチャード・ギアが演じた役をオファーされていたことを明かしたという。(編集部・中山雄一朗)