ポルシェ911の50周年を迎え、特別限定モデル『911 50thアニバーサリーエディション』が登場
P13_0388_a5_rgb.jpg日本. ポルシェAGは、911の50周年を祝うべく、911カレラSをベースにした『911 50thアニバーサリーエディション』を導入します。『911 50thアニバーサリーエディション』は、パフォーマンスと効率性はもちろんのこと、伝統と革新、そして独自性と高い社会的受容性など相反する要素を両立させた、他に類を見ないスポーツカーです。


(写真は、911の50周年を記念して登場する『911 50thアニバーサリーエディション』)ベースになる911カレラSと同様、この『911 50thアニバーサリーエディション』も、水平対向6気筒エンジンをリアにマウントした後輪駆動のクーペモデルになります。効率性の高いパフォーマンスとアクティブ制御のスポーツサスペンション、さらには4WDモデルのカレラ4譲りのワイドボディを採用していることがこのアニバーサリーモデルの特徴です。『911 50thアニバーサリーエディション』は、初代911のワールドプレミアが1963年に行われたことにちなんで1963台の限定生産となります。


P13_0384_a5_rgb.jpg初代911のワールドプレミアが1963年に行われたことにちなんで1963台の限定生産。


 
ポルシェは、フランクフルト国際モーターショー(IAA)のプレスデイ初日となる2013年9月11日に911 50thアニバーサリーエディションのワールドプレミアを行います。1963年、ポルシェは世界的に有名なこのモーターショーにおいて、初代911を発表しました。タイプ901として発表されて以来、スポーツカーを象徴する911は世界中の自動車ファンを熱狂させ続け、今日では全てのスポーツカーをリードする存在とみなされています。1963年にデビューしてから、911シリーズは絶え間なく進化を重ねてきましたが、その過程で911の独自性が失われるようなことは1度もありませんでした。レースで数多くの勝利を収めながら50年間にわたって進化し続けたことにより、911はポルシェブランドの信頼性を揺るぎないものにするスポーツカーになったのです。このDNAは、全てのポルシェ モデルに受け継がれています。

P13_0383_a5_rgb.jpgタイプ901として発表されて以来、スポーツカーを象徴する存在となった911。
 

 
911カレラSをベースとした最高出力400PSを誇るリミテッドエディション、『911 50thアニバーサリーエディション』には、過去50年の間に911のサクセスストーリーに貢献した装備が含まれます。そのひとつが、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)です。このPASMには、トレッドが広くなったことを補完し、911の比類ないコーナリングダイナミクスをさらにアシストするために特別なチューニングが施されています。スポーツエグゾーストシステムはこの限定車にふさわしいエモーショナルなサウンドを奏でます。


P13_0381_a5_rgb.jpg911カレラSをベースとした最高出力400PSを誇るリミテッドエディション。

 
 
また、専用の20インチホイールは伝説のフックスホイールをモチーフにしてデザインされたもので、マットブラックのカラーリングと中央部のポリッシュ加工が特徴です。フロントのエアインテークに備わったクローム仕上げのトリムストリップ、エンジンコンパートメントグリルのフィン、そしてテールライトの間に設けられたパネルは、この限定モデルの特徴的な外観をいちだんと際立たせます。このほか、バイキセノンヘッドライトとダイナミックコーナリングライトを備えたポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)も、この車の装備に関する技術的なハイライトになっています。


P13_0391_a5_rgb.jpg専用の20インチホイールは伝説のフックスホイールをモチーフにしてデザインされたもので、
マットブラックのカラーリングと中央部のポリッシュ加工が特徴。

 
 
アニバーサリーモデルの911には、2種類の特別なカラーが用意されます。ダークカラーのグラファイトグレーと、明るいガイザーグレーメタリックの2色です。このほかブラックモノクロームを選択することも可能です。どの車にも、リアリッドには3D効果を演出するツートンカラーのエンブレムが備わります。エンブレムには“911 50”の数字が刻まれていますが、この数字はヘッドレストに3色で刺繍されているほか、タコメーターとアルミニウム製ドアエントリーガードにも2色であしらわれています。また、カップホルダーパネルには、この数字と一緒に車両のシリアルナンバーも確認できます。このほか、ハイグロス仕上げのウインドウフレームや、ドアパネルに取り付けられたスポーツ性の高いドアミラーもエクステリアの特徴です。


P13_0386_a5_rgb.jpgエンブレムには“911 50”の数字が刻まれています。

 
 
初代911を思い起こさせるデザインはインテリアにも確認できます。メーターパネルは50年前と同様、グリーンのインデックスとホワイトの指針に加え、指針のピボット部に備わったシルバーのキャップが特徴です。また、レザーシートの中央部は、1960年代に使用されていた“ぺピータ”タータンを連想させるデザインに仕上げられています。オールレザーインテリアは、アゲートグレーとブラックの2色が選択可能で、どちらの場合もコントラストカラーによる装飾ステッチが施されます。運転席と助手席には、911ならではのドライビングプレジャーを堪能できる14-wayのスポーツシートを装備。オプションで18-wayのスポーツシート・プラスを選択することも可能です。ギアシフトレバーおよびセレクターレバーはポルシェ エクスクルーシブによってデザインされたもので、ダッシュボード、ドア、センターコンソールにあしらわれたブラッシュ仕上げのアルミニウム製装飾パネルと調和しています。


P13_0385_a5_rgb.jpgメーターパネルは50年前と同様、グリーンのインデックスとホワイトの指針に加え、
指針のピボット部に備わったシルバーのキャップが特徴です。
 
※『911 50thアニバーサリーエディション』は、0-100km加速のタイムが4.5秒(PDK仕様車:4.3秒)で、最高速度は300km/hに達します(PDK仕様車:298 km/h)。NEDCモードでの燃料消費量(総合)は9.5ℓ/100kmを実現。これはCO2排出量に換算すると224g/kmに相当します(PDK仕様車:205g/km)。
 
※『911 50thアニバーサリーエディション』:燃料消費量(市街地)13.8–12.2ℓ/100km、(高速道路)7.1–6.2ℓ/100km、(総合)9.5–8.7ℓ/100km、CO2排出量224–205g/km
 
 
 【問】ポルシェカスタマーケアセンター tel:0120-846-911


■関連記事
ランボルギーニ・ジャパン 東京都心の青山に新規ショールームをオープン予定
ジャガーがEタイプ以来となるスポーツカー!新型「Fタイプ」の注文受付開始!
ニューポルシェ911ターボおよび911ターボSの予約受注を5月14日から開始