近鉄、12200系に「あおぞら号」(20100系)の復刻塗装を実施―記念撮影会も

写真拡大

近畿日本鉄道はこれまで、団体専用車両として「あおぞら号」(20100系、昭和37年〜平成元年)と、「あおぞらII」(15200系・18400系、運行中)を運行してきたが、「あおぞらII」の補充として、現在特急として運用している12200系車両2両1編成を投入することを発表した。

【関連:東武鉄道、野田線新型車両60000系デビューイベント6月9日七光台支所で開催】

車両

新たに投入される12200系には「あおぞら号」(20100系)の復刻塗装が施され、「あおぞらII」としての運用開始後の車両系統は15200系になる。

なお、これを記念して、7月7日(日)、青山町車庫で「あおぞら号」復刻塗装車両と「あおぞらII」が勢揃いするラインナップ撮影会が開催され、大阪・名古屋から参加ツアーを催行される。

大阪発のコースでは、普段は入れない宮津車庫・西大寺車庫にも乗り入れ、車窓から車庫風景が楽しめる。

募集人数及び参加費ははAコース 大阪上本町駅発着 300名( 大人5,000円 小児3,500円) 。Bコース 近鉄名古屋駅発着 300名 (大人4,000円 小児3,000円 )になっている。申し込みは近鉄各駅営業所で6月30日まで受け付けている。

――ラインナップ
車両(予定)
・あおぞらII(15200系 20100系復刻塗装車両)2両
・あおぞらII(18400系)2両
・あおぞらII(15200系)4両
・あおぞらII(15200系)6両計4編成

※写真左:特急車両(12200系)/写真右:「初代あおぞら号」(20100系)