ネットを席巻しているスーパースター猫Photo by Amy E. Price/Getty Images Entertainment

写真拡大

インターネットで大人気のアメリカのメス猫、通称「グランピーキャット」(日本では「むっつり猫」「無愛想猫」とも呼ばれる)が長編映画になると、米Deadlineが報じた。

グランピーキャット(本名タルダル・ソース)は、への字口の生まれつき不機嫌そうな顔からそう命名され、ここ1年ほどネットを席巻しているスーパースター猫。

映画は実写になり、グランピーキャット自身が登場。声優が声をあて、「ガーフィールド」的な内容を企画しているという。製作会社ブロークン・ロード・プロダクションとグランピーキャットのマネージャーが共同で映画化をプロデュースする。

ちなみに、同じくネットのアイドル猫リル・バブについても今年、「リル・バブ&フレンズ(Lil Bub & Friendz)」というドキュメンタリー映画が製作され、ロバート・デ・ニーロ主宰のトライベッカ映画祭に出品され人気を博した。グランピーキャットは同作にも姿を見せている。

■関連記事
史上初のネコ動画映画祭がアメリカで開催へ
英誌が選ぶ「映画のなかの猫ベスト50」
ポップカルチャー史に残る猫ベスト20
「スター・ウォーズ」VS「スター・トレック」 ペットの名前に多いのは?
2014年のスーパーボウルサンデーに子ネコと子犬がガチンコ対決