キング牧師に? - フォレスト・ウィッテカー
 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 マーティン・ルーサー・キング・Jrの最後の日を描いた映画『メンフィス(原題) / Memphis』で、フォレスト・ウィッテカーが主演交渉に入っていることが明らかになった。Wrap.comや複数のメディアが報じている。

 本作は、ユニバーサル・ピクチャーズの下で企画されていた作品だったが、マーティン・ルーサー・キング・Jrの遺産管理団体から、キング牧師の不倫が含まれた脚本に対して批判を受け、その影響から製作費が捻出できずに2011年にお蔵入りになっていた。

 だが、昨年11月にワイルド・バンチ・インターナショナルとヴァリタス・フィルムズが製作費を出すことで制作が決定し、監督は映画『ユナイテッド93』『グリーン・ゾーン』などでおなじみのポール・グリーングラスが務める予定。そして、ウィッテカーの主演交渉に入ったようだ。

 キング牧師が暗殺された最後の日に焦点を当てた作品で、グリーングラス監督は『ユナイテッド93』のようなドキュメンタリータッチの映像で描く予定でいるようだ。『ラストキング・オブ・スコットランド』でアカデミー主演男優賞に輝いた実力派・ウィッテカーのマーティン・ルーサー・キング・Jr役は実現するのか? 期待したい。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)