暖かい棒、アンモニャイト…猫に関するおもしろネット用語を集めてみた

写真拡大

ネットの世界では、あえて猫のことを「ぬこ」と表現したりします。初めて聞いたときは何を意味しているのかわからなかった方も多いのでしょうか。今回は、猫に関するネット用語を集めてみました。あなたはいくつ知ってますか?

■猫と飼い主

・ごしゅじんさま-【ご主人様】

一緒に暮らしている猫のこと。

・げぼく-【下僕】

猫と一緒に暮らしている飼い主のこと。家の中に君臨する猫の主人に絶対の服従を誓う。

・あたたかいぼう-【暖かい棒】

同じく猫と一緒に暮らしている飼い主のこと。その程度の存在にしか猫には思われていないという意味がこめられているのだとか。

■猫の状態

・ごめんね-【ごめん寝】

土下座した状態で寝ている猫のこと。謝っているように見えることからついた名称。

・あんもにゃいと-【アンモニャイト】

くるんと丸まって寝ている状態を指す。アンモナイトをもじった名称。

・うんちはい-【うんちハイ】

トイレで排便を済ませた後に、猫のテンションが一気に高まる現象を指す。この行動の要因としては、様々な説がある模様。

・へそてん-【ヘソ天】

仰向けになっておなかを上にしている状態のこと。ヘソが天を向いていることから。

■猫の種類

・いも-【芋】

大型猫であるメインクーンのこと。じゃがいもの一種であるメイクイーンとよく間違えられることからこの名称がついた。

・くろがぞうちゅうい-【クロ画像注意】

黒猫の画像のこと。同じネット用語である「グロ注意」(グロテスクな画像についての注意書きのこと)が由来。

■猫を取り巻く人々

・ぶり-【鰤】

ブリーダーの略称。

・しろしょうぞく-【白装束】

常に白衣を着用していることから、獣医師を指す。

いかがでしたでしょうか? 実にユニークで発想が豊かな用語集でしたね。ネットの住民たちの、猫への愛が感じられるものばかりでした。